スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この頃のレッスン

昨年は先生を探して、いろいろな方のレッスンを受ける機会があり、とても勉強になった反面、タッチなどテクニックでは完全に混乱することになってしまった。

音楽的な解釈に関してはひとりの先生だけを信奉するよりも、多角的に意見を伺ったほうが、より音楽を掘り下げていける気もするが、そう言えるのも上級者ならでは…。

私のように技術的な面も先生のお世話になってばかりの生徒は、多くの先生に聴いていただくような機会はまだおあずけの方が賢明なようだ。

混乱したテクニックを一時リセットするべく、今年はあえてピアノをしばらく弾かない期間を作っていた。
12月のコンサートのDVDでの自分の手を見ると、まるで借りてきた猫みたい(笑)。
もうまるで自分の手ではなかった。

これではいけない。

でも、じっくりテクニックに取り組む時間もなく、次のコンサートの曲を練習しなくてはならない。
レパートリーもないし…。

ということで現在は曲の練習をしながら、その中でテクニックの改造に取り組んでいる。


このやり方は意外に効果的だったと思う。

最初はそれでは一時の間に合せ的な効果しか無いのでは、と思いつつやっていたのだが、テクニックの問題点が露見するのはまさに曲の中なので、そこを取り出して、テクニックをやり直せば、確かに良い方向に向かっていくわけだ。

部分的な問題が解決すると、自然にほかの部分のテクニックも波及的に良くなっていっているようで…。


一時自分で出す音の汚さも気にかかっていたが、それも少しずつ解決してきている。


そういうことが可能になってきたのも、今師事している先生方のおかげであろう。

定期的にではないが、お二人の先生に聴いていただいてアドバイスをお願いしている。
おかげさまで去年から持ち越しの「ワルトシュタイン」も「熱情」もなんとか形になってきた。

8年後(そろそろ7年後になっちゃうわ)の還暦コンサートに向けての勉強としても、またレパートリーとしてもまだまだ長く弾いていかなくてはならないので、ある意味やっとスタート地点に立った演奏でしかないが、自分のものにするべく頑張っていきたいと思う。


このブログもしばらく書かなかった期間もあったが、これからはまたレッスンの覚書など書いていこうと思っている。

もうすぐコンサート

年3回のコンサートを主催するようになると、ひとつのコンサートが終わるとすぐに次、という感じで休まる暇もない(笑)。

しかし怠け者の私が、還暦の時にちゃんとしたコンサートを開けるようになるには、これくらいのプレッシャーと勉強も必要。
というわけで、一つ一つ、できる限りのことはやって、課題をこなしていくつもりだ。


今月末にはまたアラフィフ仲間のコンサートが迫っている。


今度は「熱情」を弾く予定。
無謀な挑戦でまた玉砕してしまいそうな気配の中、それでも頻繁に先生の元に通い、なんとか頑張っている。


それにしても、会の世話役をしながら、当日自分も弾くというのは、なんと大変なことよ。


準備の段階でももちろん大変だが、当日もメンバーの紹介もしながら…ともなると、とても自分の演奏に集中などできない。


コンサートは練習の成果を出す場でありたいが、自分の主催する会では、自分の演奏はおまけに過ぎない気がしている。

練習会なので、過酷な条件の中で弾くことは決して悪いことではない。
むしろこうしたことをこなしながらも、ある程度の演奏が出来るようになりたいものだ。
とはいえ、私のレベルでは、いつでも消耗した状態で弾くのでは、本番練習となりうるのかどうか疑問だ。

まっ、これはこれで、あくまで練習の一つとして、この会をペースメーカーの役割と考え、自分が本当に演奏に集中できる場は、また別に設ける必要があるのかもしれない。

ここで練習を重ね、レパートリーが出来たら、いずれは別の機会も考えてみたい。


とにかく今は、目の前のコンサートに向けて、メンバーの皆が楽しく気持ちよく弾けるよう、縁の下の力持ちに徹しようと思う。

もちろん自分の練習も精一杯やるつもり。

今練習しているものは

今取り組んでいるのは、ベートーヴェン。

去年のコンチェルト会の3番の練習に始まり、ワルトシュタイン、そして熱情とやってきている。

本当は12月にワルトシュタインを弾いたあと、この曲は一旦終わりにしたかったのだが、全然弾けなかったことから、実はまだ持ち越して練習を継続中。

先生にはやっとこの曲を弾くスタートラインに立てたね、と本番を終えてから言われてしまう有様で…。

3月に弾く熱情に専念したいけれど、ここを乗り越えないと熱情どころでもないし…というわけで、ワルトシュタインも弾いているのだが、やっと最近になって、ほんの少しだけ進歩したように思う。

ベートーヴェンと本気で向き合っていこうと決心したのが良かったのかな(笑)

もともとベートーヴェンのソナタは全部弾きたいと思うくらい好きだったので、今は練習がとても楽しい。

この2曲はまだまだゴールにはほど遠いが、とりあえず3月のコンサートが終わったら、次は、13,14,15番に取り組もうと思っている。

特に15番の「田園」には力をいれて取り組むつもり。

ベートーヴェンのソナタは美しいメロディーが多いが、特にこの「幻想」「月光」「田園」は本当に美しいと思う。
中でも「田園」を聴くと、ヨーロッパの風景が脳裏によみがえって、懐かしさを憶える。
静かで平和で変わらぬひととき、遠くから教会の鐘の音…。

そんなこの曲の魅力を少しでも伝えることができたら…。

ゆっくりピアノ再開

前回のブログからまた随分たってしまった。

まず主催者としての立場から言わせていただくと、12月のコンサートは無事に終わりました。
皆さまの演奏は本当に素晴らしく、プログラムも多彩で、衣装もシック。
その後の打ち上げもマダムらしくちょっぴり高級なレストランで、美味しいお料理に舌鼓を打ちつつ、おしゃべりに花が咲き…。

と、言う事無しなのですが、演奏者の立場から自分を振り返ると、散々な出来で、もう思い出すのも嫌。(笑)

苦手な曲へのチャレンジだったので、とにかくまずは弾き通すこと、これが最低の目標であったにもかかわらず、とても合格点を付けるわけにもいかず、選曲の失敗という現実を突きつけられてしまった。

仕方がありませんね。
ある程度は予測もしていたし…。

大いに反省。

でも弾きたい曲がある限り、これからも挑戦は続けると思う。(と、懲りない私)



とはいえ、実はここ丸々1ヶ月ほど、あまり熱心にはピアノに向かっていない。

全然反省がないどころか、不真面目で怠惰と言われてしまいそう。
でもピアノにどう向かい合っていこうかを真剣に考えていた期間でもあるのだ。

そして主催している会をこれからどう運営していこうかということに関しても…。

私がピアノで表現して行きたかったのは何なのか、
この会をどうしたいのか。

去年は様々なことに流されてしまって、なんだか大事なものを見失ってしまった気がする。
自分らしくなかったなと…。

しばらくピアノから離れて、家の片付けなどを無心にやっていたら、初心に帰るというのか、本当の目的や自分のスタンス、そして還暦コンサートまでに勉強したい曲や練習法の見直し等々、色々とクリアになってきて、大いに反省もし、また新たな気持ちでやる気も湧いてきた。

そして、しっかりした音を出さなくては、という気持ちから変に力をいれてしまって、本来の私のタッチから変わってしまったテクニックをまた元に戻す意味でも、この空白期間は案外有効だった気もする。

しかしながら次回のコンサートがもう3月に迫っていることを考えると、今頃になって何やっているのとメンバーの方々には呆れられてしまいそう…。
そこは勉強会というコンサートの性格上、私にとっては大切な期間だったということで、ご理解いただくことにして…。

さあ、これからまた、ゆっくり、私らしく、練習に励んでゆきましょう!



コンサートが近いのに…

しばらくブログをほったらかしてしまっていた。
練習をしていなかったわけではないけれど…。

12月4日の発表会を目前に控えての、突然のブログ再開(笑)

まずはどうしていたかというと、今回弾く予定の「ワルトシュタイン」を練習しつつ、これからどのようにして還暦コンサートまでの、ある意味長くて短い練習期間を過ごしてゆけばよいのか、先生選びも含めて悩んでいた。

そしてやっとその方針が決まったので、ブログも書く気になったというところか。

今までレッスンを受けてきた先生や、体験レッスンなどで何人かの先生から受けた私のピアノに対する評価は大変厳しいものだった。
今弾いている「ワルトシュタイン」が無理なレベルであることとか、8年後の還暦コンサートで目標としている曲の見直しまでアドバイスされる始末。

テクニックではチェルニー40番やシンフォニアからのやり直しを提案されたり…。
ショパンのエチュードやバッハの平均律は私には必要ないのではと言われたことも…。


これらのアドバイスは全て今の自分のレベルを正しく評価しているものとして、深く受け止めたいと思っている。

ただ何でも出来るようになると安請け合いをする先生も困りものだが、かと言って余りにもネガティブな先生も希望がない。

先生選びは本当に難しかった。


結局今練習中のソナタは、以前から習っているY先生に、お忙しい中時間を割いていただいてやっとのことレッスンを取り付けて全楽章をサラっとみていただいただけ。

なんとも不十分な形で本番を迎えることとなってしまった。


しかし、一人でまとめようとしたことは今までになく勉強になったと思う。
おそらく今までは毎週行くことでどこか甘えていたところがあったのだろう。
もったいない話だ。
一人で勉強するようになって真剣さが以前より増した。

こんな体験から、毎週のレッスンはもうやめて、これはという3人の先生に不定期にお願いすることとした。

回数は少ないながら、もう8年以上お世話になっているピアニスト兼大学の教授のY先生には仕上げのアドバイスを、G先生には音の出し方を、新しい学究的な先生にはもう少し頻繁に通って、総合的なレッスンをお願いする予定。

方針は決まれど、また一からのやり直しであることには変わらず、まだまだ夢には遠く困難な道のりだ。
還暦コンサートも果たして実現できるのだろうか。
不安は尽きないが、目の前の課題を少しずつこなしていくことで、なんとか頑張りたいと思っている。


まずは、12月4日の発表会。
あと少しだ。






プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。