スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンチェルトを弾く♪

コンチェルトを弾く会を主催するようになって今回で5回目。
最初は小さな会だったものが去年からはブログで知り合った人なども加わり、少し賑やかになってきた。
曲目もバラエティが出てきて、伴奏者のプロのピアニストがゲストとしても同様にコンチェルトを弾いてくれることから、私たちメンバーも聴きに来て下さる方にも楽しめるコンサートとなってきたことが嬉しい。

半分はお遊びで楽しく、半分は真面目、という触れ込みで始めたものの実際は真剣そのもの。
私もモーツァルトには色々と苦しんだ。

21番の全曲演奏は、今回なんとか力を出しきることができたと思う。

練習過程では、弾けるようになるまでもテクニックで苦しんだが、それを乗り越えたあとのモーツァルトらしい音作りでさらに苦労した。
どうしてもパッセージをきちんと弾こうとしてしっかりしたうるさい音になってしまい、軽やかな空気感やエレガントな雰囲気が出せずに悩んだ。

特に3楽章はなかなかその軽妙さやコミカルさを出せずに、先生からも「どこに向かおうとしているのかわからない」と言われる始末。

まだまだ不十分だったものの演奏会前2週間を切った頃からだったか、急に自分の演奏が見えてきて問題な点がクリアに分かってきた気がした。
また伴奏者と合わせることに対しても自分なりの気づきがあった。

実際は気づいてからすぐに本番だったので十分にそれらについて解決することは出来なかったものの、やはり本番前には必ずこのような気づきが多かれ少なかれあるので、失敗を恐れずこれからも本番を重ねていくことが大切であることを改めて思った。

確かに下手な演奏を聴いていただくことは心苦しい。
でもピアノは地道な練習で上達するかもしれないが、聴衆の前で良い演奏ができるかどうかは人の前で弾くことでしか磨かれない気がする。

私が還暦コンサートをやろうと決心したとき、何人かのピアニストやピアノの先生から受けたアドバイスは、「その前に小さなコンサートを何回も行いなさい」、ということだった。
今はその意味するところが本当によくわかる。
発表会や試験などとは全く違うのだということが…。

たとえピアノのレベルが中級の域を出なくても、『演奏者』としての『表現者』しての意識はとても必要なのだということを、今更ながら学び、遅ればせながら実行し始めている。

まだ還暦までに時間はある(笑)

これからの取り組みがますます重要になってきそうだ。

?年後に「よく頑張っているね」や「よく暗譜できるね」、などという感想ではない、音楽的な感想を少しでも引き出すことが出来るように、まだまだ考えてゆきたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。