FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンバロレッスン

7月に行ったバロックコンサートがきっかけとなって、以前より憧れていたチェンバロのレッスンを不定期で受けることになった。
チェンバロ奏者の友人や同じく習っている方からの、「バロックを勉強すると、見えてくるものがある。」というアドバイスに従ってみたというわけ。

もともとバッハは好きだし、体験レッスンの時は、初めてなのにタッチの筋が良いと褒めてもらえたので、案外チェンバロが向いているんじゃないかと安易に思ったのは、甘かった。(当たり前か)

鍵盤が軽いので、私のようなヘナヘナ指でも大丈夫かと言うととんでもなく、ピアノで弾いていたバッハとは指使いから、アーティキュレーションから、何から何まで違うと言ってもいいくらい。

ピアノで難なく弾けていたものまで、ボロボロ。

「フラストレーションがたまらないように、やっていってくださいね。」と先生がおっしゃる意味が、今日はとてもよくわかった。

チェンバロで要求されるのは、何よりまず、ピアノ以上に繊細な指のコントロール。

これがわかっただけでも、これからの私のピアノに少しは良い影響を与えてくれそうな気がする。

バッハインベンションとスカルラッティを少しずつ勉強してゆきたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チェンバロ!

マダムコミキさん、こんにちは。
チェンバロを始められたとは! いいですねえ~。
以前、チェンバロ奏者の方の文章を読んだ時に興味を持って
私もやってみたいなとずっと思っていたのです。
でも実際には、近くの音大の博物館に置かれているチェンバロを
遊び弾きさせていただいたことがあるだけ…
何か講座を探してみようかしら。
マダムコミキさんの行動力を見習いたいものです。

前の記事にベートーヴェンをお好きな理由がありましたが
私もやっぱりメロディの美しさだなと思ってます。
それもね、聴いてるだけでももちろん十分美しいと思うのですが
自分で弾いてみると、また新たな発見がありません?
なんて、それほど弾いた経験のない私が言うのはアレなんですが(笑)
CDではすっと聞き流してた部分の美しさに感動した時に
ああ、ベートーヴェンってすごい、ってしみじみ思いました。

私のライフワークはバッハとシューマンと思い定めてますが
いずれはベートーヴェンも… ケンプの演奏、憧れます♪

Re: チェンバロ!

アリアさん

コメントありがとうございます。

チェンバロはまだ第1回目を終えたばかりでして…(笑)
でもピアノの先輩楽器ということで、ピアノ演奏にも何か良い影響があるのではないかと期待して、始めてみました。
バッハの音楽を深めていけたらと思います。
そしてベートーヴェン。
聴いても、弾いても、いつも新しい発見があります。
美しくてエレガントに弾くのが夢です!


> マダムコミキさん、こんにちは。
> チェンバロを始められたとは! いいですねえ~。
> 以前、チェンバロ奏者の方の文章を読んだ時に興味を持って
> 私もやってみたいなとずっと思っていたのです。
> でも実際には、近くの音大の博物館に置かれているチェンバロを
> 遊び弾きさせていただいたことがあるだけ…
> 何か講座を探してみようかしら。
> マダムコミキさんの行動力を見習いたいものです。
>
> 前の記事にベートーヴェンをお好きな理由がありましたが
> 私もやっぱりメロディの美しさだなと思ってます。
> それもね、聴いてるだけでももちろん十分美しいと思うのですが
> 自分で弾いてみると、また新たな発見がありません?
> なんて、それほど弾いた経験のない私が言うのはアレなんですが(笑)
> CDではすっと聞き流してた部分の美しさに感動した時に
> ああ、ベートーヴェンってすごい、ってしみじみ思いました。
>
> 私のライフワークはバッハとシューマンと思い定めてますが
> いずれはベートーヴェンも… ケンプの演奏、憧れます♪

No title

コミキさま

これからは、チェンバロの話でも盛り上がれそう!楽しみです。
いいレッスン受けられてよかったですね。

私もチェンバロ始めたころ、ピアノで弾けてたはずの曲が、どうしてこんなに弾けないの??とどどーと落ち込み。
それからだんだん深みにはまっていきましたが(笑)

今朝は、バッハのコンチェルトと、ガンバソナタのオブリガート、ずっと弾いてました。自分の演奏にするまでにはまだまだ・・ですが。
コミキさんも、チェンバロを弾かれることで、きっともっとバッハがお好きになられると思います。

一緒にがんばりましょう!

Re: No title

香音先生

チェンバロレッスン始まりました。
楽し~いというより、苦しかったです。
とにかく練習したものが全然弾けなくて。
香音さんも同じ体験をされていたんですね。
やはり…。
でも、インベンションはピアノで弾くより味わい深く感じました。
スカルラッティはイタリア~ンな雰囲気の先生のご専門だということで、
いろいろ教えていただくことが楽しみになりそうです。
またご報告しますね。

プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。