FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン 第6回目

練習中のバラード4番。

連日ショパンコンクールでも、良く演奏されている。
今も聴きながらこれを書いている。
あらためてこの曲の面白さを感じる毎日だ。
(私の場合は、技術的な面を改善し、向上させないと、表現したくてもなかなかできないのだが…)

そんな問題を少しでも改善するために、今日もレッスンを受けてきた。

ほぼ暗譜のつもりだったが、2,3カ所忘れかけた上に、弾いているうちに音を間違って覚えてしまったところも発覚。(情けない・・・)

最初の部分では、ペダリングの注意が多かった。
私自身が気づかない濁りを何カ所も指摘。
自分の演奏を聞く耳に問題がありそうだ。
もっと細心の注意をもってペダルを踏まなくてはいけないのに、どうもいい加減になってしまっているようだ。

そのほかの部分では、メロディーラインの出し方、内声の歌い方を細かく注意される。
自分の演奏を、もっと演奏しながら聴けるようになる必要があると、痛切に感じる。
上手な人は、演奏しながら冷静に自分の音を聴ける人であろう。
演奏を録音をして、自分で聴いて直す、という練習法は有益だが、あとからわかるのでは明らかに遅い。
弾きながら判断できなければいけないのだと思う。
日頃から集中して練習しなければと、感じている。

152小節目からは、まだまだ技術的な問題が多い。
これからテンポも上げていかなくてはならない。

先生のお話を伺っていると、やはり和声の勉強も必要だなと感じる。
この知識無しで音楽的表現は難しい。
音楽的表現とは、理論的なものであることを、改めて考えさせられている。

また、この曲を弾くために重音のエチュードを提案して下さって良かったと思っている。
まだ全然譜読みも出来ていないが、この練習がいかに有益かは、少し練習しただけでも実感した。
なぜもっと早くにやらなかったのか、悔やまれる。

今開催中のショパンコンクール。
エチュードやバラードの演奏が、非常に面白い。
ひとりひとり、ピアノの音色も解釈も違う。
姿勢もフォームも。
手元も見せてもらえるので、タッチの技術などもわかる。
いろいろ勉強になっている。
寝不足になってしまうのが辛いけれど・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ペダリング

お疲れさまです。

私も(も・と言っていいのか?ごめんなさいね)ペダリング、ダメです。技術の未熟さをカバーする手段でしかないから…。
何弾いても、言われることはいつも同じ。
「あ~!そこそこ!細かく踏み分けないと濁ってるのわかんない??」と怒鳴られます。
言われるとわかるけれど、弾いててそこへ神経使ってない。

ましてこのバラ4は半分以上の時間をペダルのレッスンに費やしました。コミキさんは今の段階から気をつけて練習されれば大丈夫なんじゃないかなぁ…?

今夜はコンペ休息日…ゆっくり寝ておかないと、また当分寝られないですよ。 おやすみなさい♪

Re: ペダリング

スピアナートさん

スピアナートさんも苦手なんですか?

> 何弾いても、言われることはいつも同じ。
> 「あ~!そこそこ!細かく踏み分けないと濁ってるのわかんない??」と怒鳴られます。

ほんと?
私も全く同じ。
今までは先生がいつもイラついているのがわかりました。
今の先生は優しくて、教え方も具体的なので、やっと少しわかってはきましたが、運動神経も鈍いせいか、手と足を別々に動かせないんです。(悲)

でも、私だけではなかったのがわかっただけども、ちょっとほっとしました。
皆、ペダルには苦労しているのですね。

あきらめずに、やってみることにします。

プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。