スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサートを終えて

去年から始めた年3回のコンサート。
その3回目が終わって、やっと一回り、1年のペースがつかめた。

計画的に譜読み、練習しないと間に合わないペース。
でも大変すぎるかというとそんなことはなく、大きい曲ばかりに片寄らなければ、サボらずに勉強できる回数と言えるだろう。

弾く時間はたっぷり与えられている(人数が少ないから)
30分程で、自分の世界を表現することが求められているのだが、これがとても難しい。
ただ弾くだけなら弾けるものを並べればよいのだが、それでは表現にならないし…。

前回は「ワルトシュタイン」を全部演奏することを選んだ。(選んだだけね)
今回も「熱情」1曲弾くだけでも精一杯だとわかってはいたが、敢えてその前にバッハの平均律を加えてみた。
「熱情で」醸し出される熱いパッションや不安な心の動きとは全く対照的な、静かで平和な雰囲気の第1集13番を選び、そのコントラストを出そうと試みたけれど、それぞれがきちんと弾きこなせていないと、それを伝えることは難しいので、あまり成功とは言えなかったかも。

平均律のフーガが最後まで悩みの種となってしまったし…。

しかしもうバッハの暗譜は無理かと思っていたのがなんとか復活できたし、いつも勢いが足りなかった私の演奏で初めて、「思い切りのよい演奏だった」「勢いがあった」「パッションを感じた」という感想を引き出すことができたのは、進歩したのだと言ってよいだろう。

描こうとしていた「平穏から不安、激情への変化」を分かってくれた人はいなかったけれど(笑)、今まで発表会感覚で義務をこなす感じで弾いていたのが、初めて演奏者としての立場を取ろうとした第一歩となった気がする。

演奏の出来に関しては、前回よりは良かったと思うが、だからと言って急に良くなったわけではない。

しかし演奏の出来は同じ程度でも、演奏する立場の変化、心の変化は、私の中で成長したと言えると思う。


次回は12月。(その前にコンチェルト会があるが…)
いくつかのテーマで、やりたい曲のプログラムを組んでいる。
テーマを選んだり、プログラムを組むのは本当に楽しい作業で、勉強になる。

これでピアノがうまく弾けたら、言う事無しなのだが…(笑)

尽きることなくアイディアが浮かんできているので、少しずつ形にしてゆきたい。
スポンサーサイト
プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。