スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサートが近いのに…

しばらくブログをほったらかしてしまっていた。
練習をしていなかったわけではないけれど…。

12月4日の発表会を目前に控えての、突然のブログ再開(笑)

まずはどうしていたかというと、今回弾く予定の「ワルトシュタイン」を練習しつつ、これからどのようにして還暦コンサートまでの、ある意味長くて短い練習期間を過ごしてゆけばよいのか、先生選びも含めて悩んでいた。

そしてやっとその方針が決まったので、ブログも書く気になったというところか。

今までレッスンを受けてきた先生や、体験レッスンなどで何人かの先生から受けた私のピアノに対する評価は大変厳しいものだった。
今弾いている「ワルトシュタイン」が無理なレベルであることとか、8年後の還暦コンサートで目標としている曲の見直しまでアドバイスされる始末。

テクニックではチェルニー40番やシンフォニアからのやり直しを提案されたり…。
ショパンのエチュードやバッハの平均律は私には必要ないのではと言われたことも…。


これらのアドバイスは全て今の自分のレベルを正しく評価しているものとして、深く受け止めたいと思っている。

ただ何でも出来るようになると安請け合いをする先生も困りものだが、かと言って余りにもネガティブな先生も希望がない。

先生選びは本当に難しかった。


結局今練習中のソナタは、以前から習っているY先生に、お忙しい中時間を割いていただいてやっとのことレッスンを取り付けて全楽章をサラっとみていただいただけ。

なんとも不十分な形で本番を迎えることとなってしまった。


しかし、一人でまとめようとしたことは今までになく勉強になったと思う。
おそらく今までは毎週行くことでどこか甘えていたところがあったのだろう。
もったいない話だ。
一人で勉強するようになって真剣さが以前より増した。

こんな体験から、毎週のレッスンはもうやめて、これはという3人の先生に不定期にお願いすることとした。

回数は少ないながら、もう8年以上お世話になっているピアニスト兼大学の教授のY先生には仕上げのアドバイスを、G先生には音の出し方を、新しい学究的な先生にはもう少し頻繁に通って、総合的なレッスンをお願いする予定。

方針は決まれど、また一からのやり直しであることには変わらず、まだまだ夢には遠く困難な道のりだ。
還暦コンサートも果たして実現できるのだろうか。
不安は尽きないが、目の前の課題を少しずつこなしていくことで、なんとか頑張りたいと思っている。


まずは、12月4日の発表会。
あと少しだ。






スポンサーサイト
プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。