スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン 第31回目

8月本番のコンチェルト1、3楽章。

1楽章はほぼ暗譜もでき、テクニックの不安個所も減ってきたと思ってはいたが、この日の演奏でいろんなほころびが露見。
まだ日にちがあるので今発見できたのは良かったと思うことにしよう。
大半は左手の問題。
痛めてから特に動きが悪くなったように感じるのは気のせいだろうか?
もっと丁寧に片手でさらう必要があると思った。

3楽章はまだまだ全然弾けていない。
音楽的にはこちらの方が楽だが、テンポが速い分テクニックの問題が解決できていない。
早い指の動きは本当に苦手だ。
これを軽妙に、ちょっとおしゃれに弾けるようになったら、自分でも進歩したと思えるのに…。

あえて難しいことに挑戦してみたが、不発に終わりそう。
未だ本番でちゃんと弾けるか、という低次元での不安を残す出来栄えである。

そしてコンチェルトの難しいところは、自分一人の問題では終わらないことだ。
オーケストラの部分を担当する伴奏者との息も合わせなければならない。
それには相手の音も十分なゆとりで聴けていないと…。

掛け合いの相手のパートは十分に覚えたが、自分が弾いている時の相手の音までは、まだまだ聴ける状態にはない。
相手の音を良く聴くには、やはりまず自分のことがきちんとできていること。
そして相手のパートを完全に頭に入れておくこと。
それが出来て初めて相手の音を聴くゆとりが出てくるのであろう。

あと2カ月と少し。
どこまで、目標に近づけるのだろうか?
スポンサーサイト
プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。