スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン 第25回目

早いものでもう25回目かー。
回数を重ねてもなかなか進歩を実感できないものなのだと思う。

ところでこの日のレッスンはまず練習会についての私の反省、といえば聞こえが良いがただの愚痴を聞いてもらう。
バラード、エチュードとも弾きとおすことは出来るようになったが、魅力ある曲にするにはあまりにも遠く、ちょっぴりしょげていたので…。
少しずつでも進歩があり、方向性も間違っていないということが確認できたので、いつまでも引きずるのはやめようと思う。
還暦コンサートもまだ8年の期間があるし、少しずつ良くなっていけばよい。


この日みていただいた曲は「ラ・カンパネラ」。
なぜ?

これにはわけがあるのです。

還暦コンサートの前に、少しずつ自主的なコンサートを内輪でやっていこうと思っているのだが、その第1回目にピアノを習わせてくれた両親、夫に感謝の意を込めて、彼らを招待して小さなコンサートを目論んでいて…。

先日両親にリクエストはある?と尋ねたら、「月光」「革命」「ラ・カンパネラ」…、
「わかった、わかった」と遮らなかったら、次に間違いなく母は「木枯らし」、父は「ハンガリー狂詩曲2番」と続いたことだろう。

私には無理な名曲揃い。
でもリクエストは?ときいてあげていながら無視するのも…、ってことで、この3曲は採用することに決めたのだ。

その中でも、これはもっとも難関な曲。(私にとって)

先日先生にこの話をしたら、練習をみてくださるということで、まずはごく初期の譜読み段階から練習法を教わることになったのだ。

あまりにも弾けていない状態で持っていくのは、今まで避けていたこと。

しかし、早い段階で教わった方がずっと良かったと思えることも多々あったし、自分がずっと楽なことにも気づき…。
さらっと譜を読んだ段階で、みていただいた。


練習方法や指遣いなど、いろいろアドバイスを受ける。
これはとても良い練習になることだろう。


親への感謝のコンサートは来年秋のつもり。

今から少しずつ準備を進める。
スポンサーサイト
プロフィール

マダムコミキ

Author:マダムコミキ
ピアノ好きな主婦

日常のあれこれを綴ったブログはこちら
アンダンテ・スピアナートな毎日
http://ameblo.jp/andantespianato-komiki/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。